20万借りたい|いますぐ20万円必要な方が読むサイト

すぐ借りれる消費者一覧 

即日キャッシングについて

今すぐ20万円借りたい人のために即日キャッシングについてまとめてみました。
申し込みをしたその日に融資してもらう方法です。
20万円程度なら小額融資のため多くの方が基準値に達するはずです。
裏技などではなく正攻法のやり方で確実に融資を受ける方法を知りましょう。

1・即日キャッシングで重要なこと

即日キャッシングを受けるためには色々な疑問点が出てきます。
どの業者が早いのか、何時まで申し込みを完了すれば良いのか、どんな申し込み方法があるかでしょう。これらの情報を知らずに闇雲に探してもなかなか見つかりません。
見つけたとしても1つの要素がなくなるだけで即日ではなく、翌営業日に持ち込みの場合もあるため注意しましょう。

2・即日融資は消費者金融が強い

断然即日融資に強いのが消費者金融です。
それも大手でサービス内容をよくしようとしている企業努力のある会社です。
CMなどで見かける大手消費者金融なら間違いありません。
殆どの業者で即日を謳っており、本当にその日の内に融資を受けられる方法が多数用意されているからです。

3・銀行も一部即日対応

銀行はまだまだ即日融資に対応する所は少なめです。
大手消費者金融の殆どが対応しているのに対し、銀行は1社から2社などかなり少なめです。
それでも最近はネット銀行系で増えてきました。

自動契約機があるのがポイント

即日キャッシングができるか判断する材料としておすすめなのが、自動契約機があるかどうかです
無人契約機、ローン契約機などと呼ばれていることもあります。つまりATMでローンの申し込みができ、カードもその場で受け取れる機械のことです。これが無いと即日が難しくなるためチェックしてみましょう。

1・消費者金融に多い自動契約機

自動契約機はアイフル、プロミス、モビットなど大手消費者金融なら大抵保有しています。
各社で名前は多少異なりますが、街中で見かける小さなボックス型のATMがこれに当たります。その場で契約、カードを受け取り、融資の申し込みも即日OKとなっています。

2・審査時間に注意

注意したいのが各社で設定している審査申し込み対応時間です。
大手消費者金融では平日、土日祝日に関わらず21時くらいまでのところが多くなっています。銀行だと営業時間で無いと対応できないため、ほとんどが即日にはなりません。
銀行でも土日祝日も審査対象なら問題ありません。

3・在籍確認ができること

申込者の企業によっては休日に在籍確認ができないこともあります。
厳しい金融業やでは当日に在籍確認ができなければ、融資の利用は翌営業日扱いとなってしまいます

最短で借りるための申し込み方法

即日融資を希望しているなら、最短でお金が手に入るのが一番でしょう。
即日融資に対応する金融業やでの一番早い申し込み方法を紹介します。

1・ネットで申し込み

ネットで申し込むとWEBに必要事項を入力の上送信できるため手間が省けます
申し込み用紙を手に入れて、それを送る方法に比べたら断然早いといえるでしょう。
また窓口で申し込む際にも手書きだと面倒なため、ネットの操作に慣れている人ならWEB申し込みのほうが早くなります。

2・自動契約機に行く

次に審査が無事通ったら自動契約機に行きます。
審査が通った人はその日の内に自動契約機でカードを受け取れるようになっています。
営業時間、もって行くものは確認してください。大手消費者金融では21時程度まで、持って行く物は本人確認書類や受付番号などです。

3・融資の申し込み

カードが手に入ったらその場で融資を申し込んでも良いですし、その場から離れてコンビニATMに行くのも良いでしょう。
自動契約機はカードを貰うだけでなく、融資金額を受け取ることもできます。
ただし、一部の金融業者ではコンビニATMで融資を受けると手数料がかかることもあるため注意してください。
一番良いのはカードを受け取りそのまま融資の申し込みをして現金を受け取る方法です。これなら手数料はかかりません。

書類の送付について

即日キャッシングに申し込み、審査を開始してもらうためには必要書類を提出しなければなりません。
WEB申し込みなら申し込み書は不要ですが、本人確認書類・必要に応じて収入証明書を提出します。

1・ネットで送信

WEBで申し込みした場合、多くのケースでは同じくネットで必要書類を送信できます。
受付メールに指定のURLが記載されそのアドレスから送信したり、メールに添付する形となります。ネット上だけで取引ができるためパソコンの操作に慣れている人ならこのやり方が簡単です。またスマホで撮影し送信する方法もあります。

2・FAXで送信

家庭にFAXがあり、ネットでの送信方法に不安があるなら、簡単なFAX送信が便利でしょう。
指定の電話番号宛に必要書類を送るだけで良いため迷いません。また重要な書類ですから、ネットよりFAXのほうが安心という方もおすすめです。

3・郵送を利用

1と2のどの方法も利用できないなら、郵送となります。
この場合は即日融資はできないため注意してください。金融業者に書類が到着するのに数日、それから審査が開始され融資を利用できるのは3日から4日くらい、最大で1週間以上かかります
。この方法は事前にカードを作る際に便利で、即日融資には向いていない為覚えておきましょう。

急いでいるときに注意すること

即日キャッシングを利用したいと思っているときこそ、様々なトラブルに見舞われるものです。
急げば周れということわざがあるように、慌てれば問題が起こりやすくなります。普段しないようなミスで即日キャッシングが叶わなくなるのです。

1・申し込み書を確かめる

まずWEB申し込みでも自動契約機の申し込みでも同様ですが、申し込み書の内容に間違いが無いか2度チェックしてください。
いつも入力している自分の情報だからといって見直しをしないのは避けてください。急いでいるときこそ簡単なミスをしがちです。

2・個人情報は特に確認

氏名、住所などが本人確認書類と違う場合、嘘の情報で申し込みをしていると疑われても仕方がありません。
多少の誤字は問題ありませんが、一度不審に思われると申し込み自体を断られることもあります。

3・連絡先を間違うのは致命的

電話番号、メールアドレスは絶対に間違わないようにしましょう。どちらか一方だけなら良いのですが、両方間違いがあると連絡が取れません。
即日審査どころではなく金融業者から一向に連絡が返ってこないため注意してください。
もし受付メールが来ないようなら、情報が間違っていた可能性もありますから本人から直接連絡を取ってみてください

タイムリミットがある

即日キャッシングを可能とするためには、各社のタイムリミットを確認しなければなりません。
幅広い時間に対応する大手消費者金融でも、何時でも受け付けているわけではないのです。

1・24時間365日受付

WEB申し込みの場合ほとんどが24時間365日受付となっています。
これは審査の受付ではなく、ネットで申し込みを受け付けたのみです。審査は別途制限が掛けられており、24時間365日いつでも審査を開始してくれると勘違いしないようにしましょう。

2・審査受付時間に注意

金融業者によって審査受付時間が異なります。
大手消費者金融では9時〜21時程度が多く、場合によっては8時くらいから審査の受付をしているところもあります。銀行の多くは営業時間内となるため注意しましょう。
銀行営業時間とは通常は9時から15時くらいで、一部のネット専門銀行なら最大で21時くらいのところもあるようです。

3・銀行振り込みのタイムリミット

当日銀行振り込みをしてもらう場合、振込み対応時間、または銀行振り込みが反映される時間帯のチェックが必要です。
夜間まで審査を受け付けていても、即日振り込みが反映されるためには、振込先の銀行営業時間も確認しましょう。大抵は平日15時までの対応となっています。

 

すぐ借りれる消費者一覧 

 

関連サイト集

消費者金融おすすめ一覧|審査と口コミおまとめクリップ・・・消費者金融からお金を借りるかた専用の情報サイトで、借りる前に知っておいた方がいいことなどをまとめています。